薬剤科とは

pharmacy

薬剤科では、薬剤師が病院基本方針に基づきチーム医療の一員として、薬学的な観点から患者様の利益を守るため努力をしています。
薬物療法が有効に安全にかつ効率よく行われる体制をとっています。
また、入院患者様への服薬指導の充実により、患者さまとの対話を大切にし、薬剤相互作用や副作用などのチェックが行えるようにしています。

薬剤科の仕事

work of pharmacy

調剤業務

調剤室では医師から処方された医薬品の量や、他の医薬品との相互作用などを確認し、正確かつ迅速に調剤しています。
また、患者さまの服用しやすい剤型を取り揃えたり、服用忘れ防止や取り出しやすさの為にご希望に応じて一包化調剤を行っています。
薬剤のチェックは取り揃え者と監査者の2名で確認し、患者さまに安心して服用いただける体制を整えています。

注射業務

注射業務は注射処方箋と注射ラベルの発行と患者さま毎に注射剤の取り揃えを行います。
この際、注射剤の投与方法や投与量・投与速度、他の薬剤混合時の配合変化や内服薬との相互作用などを確認しています。
注射薬剤のチェックも薬剤師2名が確認する体制です。

病棟関連業務

薬剤管理指導(服薬指導):入院中の患者さまに対し、ベッドサイドでお薬の効果・副作用・服用方法などについて説明をし、服薬の意義などを理解していただき、お薬の服用の向上に努めています。また、ご退院後も適切に服用を継続できるよう、退院時処方のお薬情報提供書を発行しています。

病棟薬剤業務:入院患者さまの持参薬の確認と、ご入院前のかかりつけ医からの情報を確認し、医師・看護師への情報共有を行うことで手術前後のリスク管理に努めています。また、患者さま毎に持参薬を含めた現在服用中の薬剤の履歴を作成・管理したり、検査データと服用薬との照らし合わせで副作用の予防・早期発見に努めています。更に、患者さまの入院生活の状況を把握し、より最適な医薬品の使用のための処方提案なども積極的に行っています。

医薬品情報管理

厚生労働省・製薬会社から提供された副作用報告、緊急安全性情報などを一元管理し、迅速に医師や看護師、必要に応じて患者さまに伝えています。また、薬剤の添付文書改訂情報は毎月発行の院内DIニュースを用いて医師および関連部署へ情報提供を行っています。

Work of
pharmacy

受診のご案内

診療時間タイムテーブル
診療時間タイムテーブル

本年5月6日(木)以降、クリニック開院に伴い、夜間診療はおこないません。
あしからずご了承いただきますようお願い申し上げます。

  • 【休診日】土曜日午後・日曜日・祝日・年末年始
  • 時間外診療・救急外来(整形のみ)は24時間対応いたします。
  • ※駐車台数に限りがあるため、できるだけ公共交通機関をご利用ください。
  • ※面会時には、病棟のナースステーションで面会の手続きを行って下さい。