診察科紹介

内科・内視鏡科 基本方針

内科

生活習慣病をはじめとして、一般的な内科疾患を幅広く診察しています。
呼吸器、循環器疾患については、常勤の専門医が対応しております。
当院での加療の他、当院にない専門科での診療や更なる精査、高次医療が必要と考えられる場合は、大阪厚生年金病院、関西電力病院、住友病院、大阪市立大学附属病院、淀川キリスト教病院等とも連携を取っており速やかに高次病院等へコンサルトや搬送も行っています。
あくまでも患者様と同じ目線で患者様の為の医療を行いたいと考えています。

呼吸器内科

呼吸に関係する病気を扱います。
気管支喘息や慢性閉塞性肺疾患(COPD)、肺炎、気胸、膿胸、肺がん、癌性胸膜炎、肺結核などの専門的な診断と治療を行っています。
その他、在宅酸素療法(HOT)、睡眠時無呼吸症候群の非侵襲的持続性陽圧呼吸器、CPAP(シーパップ)治療(診断:ポリソノグラフィー検査は提携しているJCHO大阪病院等で行っています)も行っており、幅広い呼吸器疾患の診断と治療に対応しています。
 入院では一般・急性期病棟での上記疾患の治療に加えて、地域包括病棟での長期的な呼吸リハビリ、嚥下訓練なども行っております。
平成26年より禁煙外来も開設いたしました。こんなときは呼吸器内科へ
  ●検診で胸のレントゲン写真の異常を指摘された。
  ●発熱、咳、痰(あるいは血痰)が出てきた。
  ●歩くときに息が苦しい。
  ●息を吸うと胸が痛い。

気管支喘息
気管支喘息は呼吸をするときに胸が「ぜーぜー」「ヒューヒュー」なったり激しく咳き込んだりして呼吸が苦しくなる病気です。

家のホコリ、ペットの毛やダニ、気圧や大気汚染などの化学物質を吸入する事やウイルスや細菌の感染で気道の炎症が起こり、空気の通り道が敏感になったり、むくんで狭くなる事が原因で起こると考えられています。

吸入ステロイド薬が一般的に使われるようになり、喘息はコントロールできる病気になってきました。

また、同じ上気道の鼻アレルギーと合併している方や喘息とCOPD等の他の病態を合併している(オーバーラップ症候群)患者さんも多く、単なる喘息だけの治療では良くならない事もあります。

当院では経験豊富な呼吸器専門医により合併症を含めて複合的な治療を行い、症状の改善を目指します。

日常生活に影響の出やすい病気名だけに、正しい知識のもとでの正しい治療を継続されることが重要です。 
COPD(慢性閉塞性肺疾患)
一般には肺気腫、慢性気管支炎と呼ばれることもあります。

COPDは喫煙により肺の構造が抜け落ちてスカスカになったり、空気の通り道に炎症を繰り返すことにより起こります。

肺の中に空気の袋(気腫)が多発したり、息を吐くときに空気の通り道が塞がって(閉塞)、古い空気を吐ききれなくなり、新しい空気が吸えなくなる為に、少し動くと息切れがします。

慢性的に咳と痰があり、胸やのどが詰まった感じになったりします。

これらの疾患は、胸部レントゲン検査、呼吸機能検査、場合によっては胸部CT検査で診断します。

慢性の疾患であり、進行すると安静時でも息苦しくなり在宅酸素療法(HOT)やマスクによる(非侵襲的)人工呼吸器(BiPAP)による治療が必要になります。

禁煙など正しい健康管理、気管支拡張薬の吸入や貼付、内服といった薬剤治療、適切な運動、進行例では在宅酸素療法等を行うことにより、日常生活をなるべく苦しくなく過ごすことを目標として治療します。
肺癌
現在胃がんを抜いて、日本人男性で死因として最も多い癌が肺癌です。

検診や長引く咳症状、血痰、胸の痛みなどで、胸部のレントゲンやCTを撮って見つかることが多いです。

当院では肺癌治療経験豊富な呼吸器内科専門医により、なるべく早期に発見や診断を行う事を目的にしております。

早期の発見はその後の手術や抗癌剤、放射線治療等の治療成績に影響します。

診断後はJCHO大阪病院や住友病院、関西電力病院、大阪市立大学医学部附属病院、淀川キリスト教病院等の呼吸器内科、呼吸器外科とも連携し胸部の腫瘤陰影に対して気管支鏡検査を行ったり、全身評価の上で手術が必要な症例、放射線治療が適する症例、抗がん剤の治療が適する症例を出来るだけ早く鑑別し、適切な医療機関に紹介するようにしております。
睡眠時無呼吸症候群
寝ている間に、のど元の空気の通り道が詰まって呼吸が途切れてしまったり、脳からの呼吸をしなさいという命令が弱まって呼吸が止まる状態を睡眠時無呼吸症候群と言います。

症状としては、家族から寝ている間に「息が止まっている」とか、「いびきがひどい」とか言われたり、ご自身でも睡眠中に「カッ」と息がつまった感じがして突如目覚めたりし、夜の眠りが浅くなります。

よく眠れていないことから、昼間も集中力がなく居眠りがちになったり、頭痛に悩まされたりします。

また車等の運転中に眠くなり、に事故を起こしたりします。

NASAのスペースシャトルの打ち上げ失敗事故や新幹線のオーバーランなどもこの病気が原因で起こったとの報告もあります。

また、睡眠時の無呼吸による低酸素が脳血管や心血管の収縮を誘発し、脳卒中や心筋梗塞をきたし死亡される方もいます。

治療としては、閉塞性無呼吸症候群の場合は肥満や首の形が原因で起こることが多く、ダイエットも重要ですが持続性陽圧式人工呼吸器(CPAP)という家庭用の小型の装置を必要とする方もおられます。

このCPAP治療は月1回の受診と毎月の保険算定が必要です。

当院では院内独自や他院と連携しつつ、脳波を含めた夜間無呼吸症候群の診断と月々の治療を行っています。
肺結核
結核の歴史は古く、エジプト・ナイル川のほとりで発見された女性のミイラも死因は結核であったと言われています。

ヨーロッパの産業革命の時代に大々的に蔓延し、世界に広がりまさに人類の歴史と共に生き続けている細菌(抗酸菌)による病気です。

菌をまき散らす(排菌)状態の結核の人が咳をしたりすると、空気に乗って他の人の肺に入り、肺胞という袋の中で巣を作って、全員ではないですが、増殖し症状を出すことがあります。

症状は長引く咳、血痰、発熱、食欲不振、体重減少、胸痛などが多いです。

結核は過去の病気では無く最近も緊急事態宣言が出されています。

診断は胸部レントゲンやCTをもとに喀痰検査などで菌の証明を行い診断します。

かつての結核予防法は感染症法と整理され治療法も確立されてきました。

入院の必要な人や外来で治療可能な人もわかります。

入院は専門の治療施設に紹介し、外来治療可能な人は当院外来で治療しています。

治療期間は大体半年間になります。

2週間以上続く咳や痰に血が混じったら早めに当科で相談してください。
  • 初診の方へ
  • 救急案内
  • 人工関節センター
  • 肩関節専門治療について

受診のご案内

診察受付時間 午前:9時~12時半
午後:16時~19時
休診日 土曜日午後
日曜・祝日・年末年始

時間外診療・救急外来
(整形のみ)は、24時間対応 

交通のご案内

〒553-0003
大阪市福島区福島3-2-9

【電車】
京阪中之島線中之島駅より徒歩3分
JR東西線新福島駅より徒歩8分

【お車】
阪神高速神戸線中之島西ICより
土佐堀橋北詰交差点を北へ

【バス】
大阪市営バス 大阪駅前 鶴町4丁目
[55]方面
「堂島大橋北詰」バス停降りてすぐ

PAGETOP