診察科紹介

整形外科 基本方針

主に四肢や体幹の各種疾患と外傷、骨、関節、筋肉、腱、靭帯の運動器官などの諸疾患、および骨折、脱臼、捻挫、断裂、挫傷などの外傷の診断と治療を行います。

腰痛症
症状は腰の痛みです。
平成25年度の国民生活基礎調査によると、男性では1番目、女性でも肩こりに次いで2番目に訴えの多い症状が腰痛でした。そしてその数は増加傾向にあります。
さまざまな要因が腰痛の発症に関係しており、レントゲン、CT、MRI検査などを用いて診断します。
腰椎椎間板ヘルニア
症状は、腰の痛みに加え、足のしびれ・痛み・力の入りにくさといったものです。
腰は腰椎と呼ばれる5つの骨と、それをつなぐ椎間板、靱帯、筋肉などによって構成されております。
椎間板ヘルニアは椎間板の中身(髄核)が飛び出した状態ですが、それにともない坐骨神経に炎症が生じると腰痛だけではなく足にも症状が現れます。
診断には主にMRIを用います。
腰部脊柱管狭窄症
症状は、足にしびれや痛みがあったり、普段はなんともないが歩き出すと足がしびれて歩けなかったりします。これを間欠性跛行といいます。
歩きにくくなっても前かがみで休むとまた歩けるようになります。
脊柱管とは背骨に囲まれた管状の空間のことです。
脊柱管を取り囲む椎体や椎弓の変性、靭帯の肥厚、椎間板の変性による膨隆などにより脊柱管が狭くなった状態を脊柱管狭窄症といいます。
診断にはMRIや造影CTを行います。
  • 初診の方へ
  • 救急案内
  • 人工関節センター
  • 肩関節専門治療について

受診のご案内

診察受付時間 午前:9時~12時半
午後:16時~19時
休診日 土曜日午後
日曜・祝日・年末年始

時間外診療・救急外来
(整形のみ)は、24時間対応 

交通のご案内

〒553-0003
大阪市福島区福島3-2-9

【電車】
京阪中之島線中之島駅より徒歩3分
JR東西線新福島駅より徒歩8分

【お車】
阪神高速神戸線中之島西ICより
土佐堀橋北詰交差点を北へ

【バス】
大阪市営バス 大阪駅前 鶴町4丁目
[55]方面
「堂島大橋北詰」バス停降りてすぐ

PAGETOP