診察部門

医療福祉相談室

ご病気になると病気そのものへの不安とともに生活面での不安や心配ごとが生じることがあります。

医療福祉相談室では、医療ソーシャルワーカー(医療福祉相談員)が、医療費や生活費などの経済的なことや退院後、ご自宅で生活する上での心配ごと、転院や施設入所など様々な相談をお受けしています。

色々な社会福祉制度やサービスを利用することで療養に伴う生活問題が解決することもあります。

患者様ご自身やご家族様だけで悩まず、お気軽に医療福祉相談室をご利用ください。

相談料は、かかりません。

お受けした相談の内容によって、医師や看護師、薬剤師、栄養士、リハビリスタッフなどと相談し、必要に応じて行政や地域の各関係機関、専門の相談機関をご紹介いたします。

具体的には・・・

○医療費や生活費などの経済的なことについて不安があるとき。
  (医療保険高額療養費制度限度額適用認定証等)
○在宅での看護や介護について知りたいとき。
  (訪問看護、ホームヘルパー等)
○社会福祉制度について知りたいとき。
  (介護保険制度身体障害者手帳傷病手当障害年金、生活保護等)
○各種施設について知りたいとき。
  (老人保健施設特別養護老人ホーム、有料老人ホーム等)

電話番号

06-6458-3151(代表)内線704または705です。

病院へ来院頂いた方は、1階の受付でお声おかけください。
※事前にご予約頂いた方の面談等をしている場合がございます。

その際には、お待たせしたり、折り返しお電話させて頂くこともありますので、予めご了承ください。

※今のところ、メールでのご相談はお受けしておりませんので、ご了承ください。

受付時間

月曜日~金曜日 午前9時~午後5時

土・日・祝日、年末年始はお休みです。

医療保険について

医療保険

国民健康保険、健康保険や共済、組合などの医療保険があります。

医療機関を利用した場合、それぞれの保険で定める負担割合を医療機関に支払うことになります。負担割合は、年齢に応じて1割負担~3割負担です。

これに加えて、食事療養費(入院中の食事代、1食260円・低所得者210円もしくは100円)や保険適用外(室料差額、文書料、その他)がかかります。

高額療養費制度

医療機関や薬局の窓口で請求された医療費の全額を支払ったあと、歴月(月の初めから終わりまで)ごとに一定額を超えた場合、その超えた金額を支給する制度です。

高額療養費は、年齢や所得に応じて、患者様ご自身が支払う医療費の上限額(自己負担限度額)が定められています。

保険者(国民健康保険の方は、最寄りの役所。健康保険の方は、保険証の下段に記載)への申請が必要です。

限度額適用認定証

高額療養費制度は、医療機関で請求された医療費の全額を支払ったのちに申請することにより、自己負担額を超えた金額が払い戻しされますが、一時的に多額の費用を立て替えることになります。

あらかじめ「限度額適用認定証」の交付を受け、医療機関の窓口に提示することにより、医療機関ごとにひと月の支払額が自己負担限度額までとなります。

介護保険制度

介護保険は、40歳以上の方が対象となります。

家事や身のまわりの日常生活に支援が必要になった場合や介護が必要になった場合に利用できます。

ただし、40歳以上65歳未満の方は、介護保険で定められている高齢に伴う病気(特定疾病)に該当しなければ、利用できません。

65歳以上の方は、病名での制限はありません。最寄りの役所での申請手続きが必要です。

身体障害者手帳

身体障害者手帳は、病気やけがにより一定の障害が残った場合に、申請により交付されるものです。

身体障害者手帳が交付されると障害種別と等級(1級~6級)により、福祉サービスが受けられます。

人工関節の手術を受けられた方は、術後、半年から1年経過してからでないと申請できなくなりました。

傷病手当金

傷病手当金は、健康保険のサービス一つです。

被保険者本人が、病気やけがで労務不能と医師に診断され、仕事を休んだ場合、会社から給与が支払われる場合を除き、健康保険から1日につき標準報酬日額の3分の2に相当する金額が支給されます。【申請が必要です】

ただし、療養のために仕事を休みはじめた日から連続して3日間(待期期間)を除いて、4日目から支給対象となります。

最長で1年6ヶ月支給されます。

障害年金

年金には、老齢年金、遺族年金、障害年金の3種類があります。

障害年金は、病気やけがのために日常生活や仕事に支障がある場合に支給されます。

申請手続を行うには、いくつか条件があります。

初診日に年金に加入していること、保険料の滞納が一定期間以上ないこと、基準に定める障害に該当することなどです。

各施設について (主な施設)

老人保健施設とは、介護を必要とする高齢者の自立を支援し、家庭への復帰を目指す施設です。

医師や看護師、介護スタッフ、リハビリスタッフなどがおり、食事や入浴などの日常的なサービスまで併せて提供しています。

介護保険の要介護認定(要介護1~5)を受けた方のうち、病状が安定し入院治療の必要がなく、リハビリテーションを必要とされる方です。


特別養護老人ホームとは、常時介護が必要な高齢者で、寝たきりや認知症などで自宅では生活できない方が入所する施設です。

医師や看護師、介護スタッフなどがおり、食事や入浴などの日常的なサービスを提供しています。

介護保険の要介護認定(要介護1~5)を受けた方のうち、病状が安定し入院治療の必要がない方です。


各種制度やサービスのご利用をご検討の方は、医療福祉相談室までご相談ください。
ここに説明した内容はほんの一部分です。詳しくご案内させて頂きます。

  • 初診の方へ
  • 救急案内
  • 人工関節センター
  • 肩関節専門治療について

受診のご案内

診察受付時間 午前:9時~12時半
午後:16時~19時
休診日 土曜日午後
日曜・祝日・年末年始

時間外診療・救急外来
(整形のみ)は、24時間対応 

交通のご案内

〒553-0003
大阪市福島区福島3-2-9

【電車】
京阪中之島線中之島駅より徒歩3分
JR東西線新福島駅より徒歩8分

【お車】
阪神高速神戸線中之島西ICより
土佐堀橋北詰交差点を北へ

【バス】
大阪市営バス 大阪駅前 鶴町4丁目
[55]方面
「堂島大橋北詰」バス停降りてすぐ

PAGETOP