人工関節センター

人工関節置換術

股関節

変形性股関節症、骨頭壊死症、外傷に伴う、人工骨頭挿入術(BHA)、全人工股関節置換術(THA)を主に行っております。

2015年4月から12月の期間で160件のTHAが行われました
当院での股関節手術の特徴としては、初回手術におきましては仰臥位(仰向け)で手術が行われ、筋肉の切離が行われないことで手術後の生活において以前の股関節手術に比べ制限が少なく、合併症発生のリスクも軽減されると考えております。

膝関節

変形性膝関節症、顆部骨壊死症に対し、全人工膝関節置換術(TKA)、単顆置換型人工関節置換術(UKA)が行われております。

2015年4月から12月までの期間で218件の手術が行われTKA:188件、UKA:30件となりました。また適応となる患者様には積極的に両側同日手術も行われております。

全人工膝関節置換(形成)術 Total Knee Arthroplasty(TKA)

全人工膝関節置換(形成)術 / Total Knee Arthropastyとは、すり減った膝の骨や軟骨を取り除き、金属や医療用ポリエチレンで出来た人工関節に置き換える手術です。

まずは膝関節前面の皮膚を切開し、大腿骨側、脛骨側、それぞれのすり減った軟骨と傷んだ骨の表面部分を切除します。

それらの部分を健常な膝の形を再現した人工関節に置き換えてゆき、大腿骨側に設置した金属と脛骨側に設置した医療用ポリエチレンとの組み合わせが本来の軟骨の様な働きをすることによりスムーズな膝関節の動きが可能となります。また、すり減った関節軟骨と傷んだ骨の表面部分を人工膝関節に取り替えることにより膝に生じていた痛みを取り除くことが可能となります。
手術に使用される人工関節は、手術前に撮影されたレントゲン写真とCT撮像データにより、その患者さまに最適なサイズが選択されます。 

当院での手術時間:約60分

肩関節

肩腱板断裂や反復性肩関節脱臼に対し、関節鏡を用いた手術を行っております。
2015年4月から12月の期間で95件の関節鏡視下手術が行われました。

また、変形性肩関節症や適応となる外傷に関しましては、肩人工関節手術も行っており、同期間内で14件の手術が行われました。

人工関節置換(形成)術のメリット

日常生活において患者さまが困っていらっしゃる問題点を解消します。
(痛みの緩和によりQOL/ADLを向上させることができます)

関節の痛み

股関節や膝関節の痛みを我慢することや、痛い関節をかばうことにより、腰が痛くなったりなど、他の関節を悪くすることもあります。
 

QOL/ADLの低下

股関節や膝関節の痛みが原因で、歩く距離が短くなったり、外に出かけることが出来なくなったりなど、患者さまご自身のQuality of Life:日常生活の質や、Activity of Daily Living:日常生活動作を下げてしまうことになっています。

人工関節置換(形成)術における合併症

感染症

人工関節の手術では、細菌感染が起こることがあります。

感染には早期感染と晩期感染があり、早期感染は主に手術時の感染が原因と考えられています。

これに対し、手術後3カ月以上たっておこる晩期感染は、早期感染に比べ頻度は低いですが、体調をひどく崩したとき(エイズ、ガン、肝機能障害、糖尿病の悪化)などに起こることがあります。

感染は抗生物質などで治療できますが、深刻なときは人工関節の入れ替えが必要となる場合があります。

全人工関節置換(形成)術における感染率
 股関節:1%程度、膝関節:2%程度※いずれも文献発表による)

塞栓症(深部静脈血栓症 / 肺塞栓症)

深部静脈血栓症とは、下肢の静脈に血の塊(血栓)ができて血管をふさいでしまうことです。
血流が悪くなり、下肢がむくんだりふくらはぎが痛んだりします。
これは、飛行機などの乗り物で長時間足を動かさないでいるときにもおこります。
いわゆるエコノミークラス症候群(旅行血栓症)です。

この血栓が何かの拍子にはがれて、血流に乗って肺まで到達し、肺の血管をふさいでしまうのが肺塞栓症です。
肺の血管がふさがると、血液ガスの交換(二酸化炭素と酸素の交換)がうまくおこなわれず、呼吸困難や胸の痛みを感じるようになります。
時に取り返しのつかない重篤な症状を引き起こす可能性があります。

対処法:手術後の早期離床・早期歩行による血栓の防止・投薬による。

脱臼(人工股関節)

人工股関節の設置不良や、無理な肢位や体位を取った際に生じる可能性があります。

ゆるみ・破損・摩耗

人工関節を使用していると、ゆるんだり、破損したり、摩耗する(すり減る)場合があります。
ゆるみは、人工関節の固定性が悪くなってずれてしまうことです。
摩耗は、主に人工関節を構成する医療用ポリエチレンの部分に見られます。
摩耗粉が周辺の骨を溶かす骨融解をおこす原因となる場合があります。

全人工関節置換(形成)術における不具合率:使用機種により率が異なります。

再手術(再置換術)

人工関節がすり減ったりゆるんだりすると、再度、新しい人工関節に入れかえる手術をします。
その際、人工関節をすべて取りかえる場合と、交換が必要なものだけを取りかえる場合があります。

全人工関節置換(形成)術における再置換率:使用機種により再置換率が異なります。

  • 初診の方へ
  • 救急案内
  • 人工関節センター
  • 肩関節専門治療について

受診のご案内

診察受付時間 午前:9時~12時半
午後:16時~19時
休診日 土曜日午後
日曜・祝日・年末年始

時間外診療・救急外来
(整形のみ)は、24時間対応 

交通のご案内

〒553-0003
大阪市福島区福島3-2-9

【電車】
京阪中之島線中之島駅より徒歩3分
JR東西線新福島駅より徒歩8分

【お車】
阪神高速神戸線中之島西ICより
土佐堀橋北詰交差点を北へ

【バス】
大阪市営バス 大阪駅前 鶴町4丁目
[55]方面
平成30年2月13日(火曜日)~平成32年1月31日(金曜日)(予定)までの期間中、堂島大橋の改良工事に伴う車道通行止めにより、最寄りバス停[堂島大橋北詰]は、停車いたしません。
この期間中は、[堂島大橋]でご乗降いただきますようお願い申し上げます。
バス停より徒歩5分

PAGETOP